緑屋本店(熊本県人吉市)

緑屋本店

熊本市から車で80分ほど南下しました。宮崎県と鹿児島県に隣接する熊本県最南端。「文化としては鹿児島に近いですから、醤油も甘く感じるかもしれないですよ」と緑屋本店の青木一幸さんが出迎えてくれました。

緑屋本店

緑屋本店は明治35年創業。市内のスーパーには九州の様々な醤油メーカーの醤油が並んでいます。その中で一番人気と書かれているのが緑屋本店の醤油。二番人気も三番人気も同社のものです。

緑屋本店

そして、驚いたのが同容量、同種類の中では一番価格が高いことで、価格ではなく味で選ばれている証拠。

緑屋本店

本社工場を訪れると、夕方ということもあって配達が終わったトラックが帰ってきていました。九州では醤油メーカーが配達をしているケースが珍しくなく、スーパーや料理店はもちろん、給食をつくっている施設や一般家庭にも直接運んでいます。

緑屋本店

製造現場を見学させていただくと充填用の設備が汚れ一つない状態。「きれいにされていますね」と伝えると、「8割は清掃だと言っています」と青木さん。味噌を仕込む用の室の中もその言葉通り壁も全部きれい。

緑屋本店

社名は「緑屋本店」、醤油は「一騎印」、みそは「いつきみそ」。「すごく、ややこしいですよね!お客様にも地域によって呼ばれ方がちがうんです。緑屋さんだったり、一騎さんだったり」と、青木さんは笑いながら一騎印にまつわる話をしてくれました。

緑屋本店

一騎印を定めたのは創業者の熊十さん。歌詠みでもあって、書の品評会で目にした歌がきっかけだったといいます。「銀鞍の白馬豊かにまたがりて、若武者一騎花の下いく」。馬にまたがる若武者の姿を描く際も、馬が躍動する様を描くのに細かく指示をだすなど、相当なこだわりだったようです。