混ぜるより時間がかかるよね/正金醤油(香川県小豆島)

正金醤油

先日、小豆島の正金醤油さんに伺ってきました。いつのように藤井さんに出迎えていただいたのですが、この藤井さんは私の知る限り一番謙虚なつくり手かもしれません。国産原料で木桶仕込み。蔵の中もとにかく手入れが行き届いていて、細かいところまで管理されています。

蔵に入った時の床を見れば一目瞭然で、木目がしっかりと確認ができるほどに磨き上げられています。

これって、簡単じゃないんです。今の時期は醤油の諸味がぷくぷく発酵をしていて、攪拌といってかき混ぜる作業も行われます。その時の飛び跳ねがどうしても床についてしまうのですが、それを拭き取る程度ではこの状態にはならないはずです。拭き取って、さらに磨き上げるくらいに丁寧に拭いているはずなのです。

正金醤油

「きれいにしようと思うと、混ぜるより時間がかかるよね」と藤井さんはいいます。攪拌にかける時間より、掃除にかける時間の方が長くというわけですが、そのおかげで蔵の中にはイヤな臭いがなくて、心地よい醤油の香りが広がっています。「諸味を混ぜている時に、香りがよい方が気持ちいいでしょ?!」と、自分のためにしているかのようなものの言い方も、藤井さんらしいなって感じてしまうのです。